アルバイトの面接では、きちんとした挨拶ができるかどうかや丁寧で正しい言葉遣いが出来るかどうかという点は最もチェックされやすい内容です。

アルバイトの履歴書を記入する時の注意点
アルバイトの履歴書を記入する時の注意点
アルバイトの履歴書を記入する時の注意点

アルバイトの面接での挨拶や言葉遣いのコツ

アルバイトの面接では、きちんとした挨拶ができるかどうかや丁寧で正しい言葉遣いが出来るかどうかという点は最もチェックされやすい内容です。面接官は挨拶や言葉遣いで応募者の人間性を確認しようとしているからです。そのため、最初に面接の場についたらまず、しっかりと大きな声で「失礼します」、「よろしくお願いいたします」といった挨拶をするようにしましょう。これが実行できるだけでも第一印象は大きく違ってきます。特に接客業の職種であれば、元気な挨拶ができないことは面接で落とされる一番の理由になります。

そして、言葉遣いに関しても、完璧な敬語は出来なくても、相手に敬意を払っていることが分かるように出来る限り丁寧な話し方をすることが大切です。よく語尾に「〜っす」をつけて話す人がいますが、これは一見敬意を示しているように見えますが、通用するのは先輩や後輩の間柄やプライベートの時くらいだけです。面接などの場では、ただのなれなれしい言葉遣いとしてしか受け取られないので、いくら年齢が近い面接官が相手であっても使わないようにしましょう。また、返事についても「はあ、まあ」ではやる気がないように見られてしまいます。必ず「はい、いいえ」で答えるようにしなければいけません。こういった挨拶や言葉遣いは普段から意識して練習しておくことが大切です。

就職・転職・求人でも話題の求人関連のハナシは、役立つこのホームページを一度覗いて下さい

Copyright (C)2018アルバイトの履歴書を記入する時の注意点.All rights reserved.